並川オンザロック

ついつい読んじゃうブログを目指してます。ゆるくかつロックに、そしてフリーダムに生きていきたい所存です。

並川23歳、20分間ランニングをした結果2日後に全身筋肉痛になった話。カニカマ許すまじ

 

どうも、昨日誕生日を迎えて23歳になりました。並川です。

カラオケに行って年齢を書かされるたびに「あれ私22だっけ?3だっけ?…今年23なだけでまだ22か」

と混乱していましたが、昨日からはもう23歳なのです。1年早すぎワロタ

 

みなさんは運動は得意ですか?私は大の苦手です。

なぜ苦手なのか?

 

1、下手くそだから

2、持久力がないから

 

です。

 

特にテニスやバトミントン、野球など、ボールを棒に当てて飛ばす競技が大の苦手です。

特にテニスはトラウマレベルで苦手でした…うう…まずサーブができないからゲームにならない。チームバランスの為にクラスで1番上手いテニス部の人と組まされた時の「マジかよコイツ」って顔が怖くてしゃーない…これが私の本気なんです本当なんです。

 

ちなみにバランス感覚だけはわりと良いのでスキーとかは大好きです。

小学生の頃も一輪車や竹馬の授業だけイキイキとしてましたからね。アホみたいに高い竹馬でバックステップしたり、一輪車で後ろ漕ぎでトラック何周もしたりとピエロみたいなことをしてました。楽しかったです。

まあ、スキーは小中学生の頃のスキー合宿でしかやったことないのですがね。楽しいのはもちろんのころ、雪山の景色が綺麗で大好きなのです。旅館も良い雰囲気でした。

山登りといいロッククライミングといい景色を楽しむアウトドアは大好きです。

まあこれも小学生の頃の思い出なんですけどね。また時間と友達を引きつれてやりたいものです。

 

 

とりあえず球技がアホみたいにできない話と、ドッチボールでボールから逃げる術が鬼上手い話は違う機会にしましょう。

今回は私の持久力の話です。

 

前提としましては、私はたぶん体力がないわけじゃないのですよ。

事務職というか机に座りっぱなしの職ってなんか性に合わないし、なにより眠くて眠くて本気で仕事にならないのですよね。眠くて脳みそも動かないし、身体を動かせないのってムズムズイライラします。

そしてデスクワークだと身体を動かさないから昼眠いわりに夜眠れないのです。

まあつまりは睡眠障害の弊害ですね。かえって身体を動かしまくる仕事の方が昼も無理矢理覚醒できる上に夜も疲れて眠りやすくなるのですよ。

そんなわけで接客業をすることが多く、今もそうなのですが、それについていけている時点で体力がないことはない。というかむしろ学生の頃よりも体力がついたなって実感できるのです。

 

なので、小さい頃からマラソンの授業が大大大っ嫌いで「一緒に走ろうね」って言った友達にはいつも裏切られる側、授業では毎回頭痛でリタイアしては補習の常連だった頃の私から今の私はパワーアップしているはずなのです。

 

たしかに今でも朝電車に滑り込む時に走ると酸素不足と低血糖で汗だらだらで電車内でゼーハーしすぎて「大丈夫ですか?」と席を譲られることもありますが、それは朝何も食ってないのに走ったからであって、満員電車は酸欠なのであって、私の体力が問題なわけじゃないのです。ええきっと。

 

高校生の頃はチャリ通学だったのですが、真冬に冷たい空気を吸いまくって学校に着いたら頭痛で保健室に直行していたあの頃の私とは違うはずなのです。

今でも夜に自転車乗ると脳みそ冷えて頭痛になるので自転車にはかれこれ1年くらい乗ってないのですがね。それでもたぶん今の私はパワーアップしてるはず。

 

というわけで4日前、近所の川辺を20分間ランニングしてきました。

その前のツイートがコチラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、家の鍵とスマホだけポッケに詰めて体操服を着て近所の川沿いに走りに行きました。

 アマゾンミュージックの適当な洋楽メドレーを流しながらゆっくりゆっくり走ります。

20時とそこそこ暗い上にあまり人もいないのでとても快適です。

 

 

ランニング開始直後

「うわぁこの走ってる感覚久しぶりだなあ…今は楽しいけど疲れてからが問題だなあ」

 

5分後くらい

「あの運動嫌いのナマケモノの私が自らランニングをしてる!私すごい!すごいぞ!」

 

10分後くらい

「……しんどい。さすがにいきなり20分はキツイなあ…まあできる限りやろ」

 

15分後くらい

「正直死ぬほど疲れてるはずなのに、何故かちょっとだけラクになった気がする!こ、これがアドレナリンってやつなのか!」

 

20分後

「頭痛が痛い」

 

 

なんだか頑張ってる自分に最高に酔えた結果、20分間完走できたのはいいが終わった瞬間頭痛に襲われ、酸素を求めて「ゼーハーゼーハー」と何故か走ってる時以上に煩い呼吸音。

走った後はすぐに立ち止まってはいけない。歩き続けるべきだとどこかで習った気がするので身体にムチを打って家までノロリノロリ歩きます。

家に着いた途端リビングでスポドリを常温の水で割ってぬるくして飲んで(キンキンだと腹を下しちゃうので)自分の部屋に入った途端に床に転がって30分くらいじーっとする羽目になりました。

 

その時はボーっとしながらも「わかってはいたけどさすがにすぐに毎日は無理だなあ…せめて休みの日にすることろからはじめよう。あと疲れすぎないように途中で歩いて加減しよ」と前向きに次のことを考えるくらいには達成感でいっぱいだったのですよ。

 

だがしかし、地獄は次の日からのことでした。

 

次の日は朝10時からの出勤だったのですが、

 

7時半のアラームを聞いた私「…マジでか」

起きなきゃと思いながらも身体が重くて起きれない。

なにより眠たすぎて目が開かないわ、頭痛もすさまじい。

 

「これはもしかして熱を出してしまったか…?いやいっそそうであってくれ!休みたい!38度あってくれ!」

と近くの体温計で計るものの「36.0度」と超平熱。

 

それからは5分間隔で鳴るスヌーズ音を消しては寝るを繰り返し、(スヌーズ音を消したら確実に寝落ちして無断欠席は免れないので)8時50分に起きて9時に家を出る。

 

眠い、ダルイ、しんどい、帰りたい、と思いながら駅でおにぎりとデポビタンDXを買って職場に着いてから胃に詰め込む。

 そして10時からは11時の開店に向けてひたすら体力仕事。立ったりしゃがんだり重い荷物運んだりのオンパレードです。

何度早退を申し込もうと思ったことか…

それよりも開店してからの声出しが地獄でした。酸欠…

昼休みにご飯をささっと食べて40分ほど仮眠を取ったらだいぶラクになったので、昼寝ってスゲー!って実感させられた1日でした。

 

 

そして次の日

 

「なんか知らんけど尻と股関節が割れそう…2日後に筋肉痛になるとかババアかよ…」

下ネタでもなんでもないです。20分ランニングしたら2日後に尻と股関節がバキバキになったのですよ。

 

んんん!この軟弱者め!!!!!!!

 

次やる時はテンションに身を任せずに、運動してるデキル自分に酔わないように注意しながら謙虚な走りを心掛けたいと思います。

 

 

え、今日は?お寿司を食べに行ってお腹いっぱいなので遠慮しときます。

 

 

 

ちょっと汚らしくてスイマセン。

マンゴーが思いの外美味しかったです。お寿司で好きなのはトロと鯛です。

 

私「この茶碗蒸し具がカニカマになっとるやんけ!!!!!舐めとんのか!!!!!」

祖母「カニカマとか茶碗蒸しの価値ないやん…もう頼まん」

 

茶碗蒸し食べた2人で「処す?処す?」ってテンションになってました。カニカマに厳しい並川家。

 

茶碗蒸し大好きで毎回2つ頼んじゃう私ですが、前の鶏や魚が入ってるやつに戻して欲しいと切実に思いました。