並川オンザロック

ついつい読んじゃうブログを目指してます。ゆるくかつロックに、そしてフリーダムに生きていきたい所存です。

気分屋でひねくれ者の読書家にぴったりKindle便利すぎ伝説。私なりの読書の楽しさメリットを語ってみました

 

どうも、並川です。

 

前まではやっぱりタダには勝てないよ…と、読書と言えば図書館で本を借りて読んでいたのですが、最近はもっぱらKindleです。

 

 

 

ちなみに私は白色をプライム会員の4000円OFFで買いました。

あえて2000円かけてキャンペーン情報(広告)無しにしました。快適。

 

 

Kindleやっぱチョー便利っすね。持ち運びが便利だわ、ワンクリックで本が買えてしまうわ、デジタルなのに紙に近い画面のおかげで目にも優しいわ…

しかも私はかなりの気分屋なので「う~ん今はこれの気分じゃないなあ」って時がよくあるのですが、Kindleだと「あ、じゃあこっち読も」が出来るのがいいですよね。

 

図書館で借りると、手元に届くまでにタイムラグがあるじゃないですか。

特に人気の本だったり、新作だったりだと予約待ちで数カ月待たされることもあるあるなのです。

究極の気分屋ウーマンな私は、その時読みたい!って思っても、時間が経てばその情熱も消え失せ、違う物に興味が移っているのです。

 

さらに究極のひねくれ天の邪鬼ウーマンでもある私は、やっと自分に回ってきても、

「あ、今かあ…他にやりたいことあるのになあ…とりあえず返却期限延長しておくか」

と、結局返却期限を大幅に超え、図書館から電話とメールが着てから返しに行くということをやってしまうのですよね。しかも読破できてない。

 

そうやって中途半端にしか読めてない本がたくさんできてしまい、

「読めてなかったやつもう一回借りなきゃ」「次こそ読み切らなきゃ」「あ、でも今はこっちの方が気になるなあ」といった具合に、

中途半端なもやもやでいっぱいになってしまい、本来読書で得られるはずの達成感だとか楽しさが消え失せてしまうのです。かなC。

 

ひねくれ者あるあるだと思うのですが、『期限』を儲けられると途端にやる気が失せちゃうのです。

読みたいと思って借りたのに、いざ

「いついつまでにこの本を読み終わらせるべし」と急かされ、

「あ、じゃあ読まなきゃ」って思うと、

途端にそれが「めんどくさい」になってしまい、

「んんん今はそういう気分じゃないんや!急かすな!」ってなっちゃうのです。

 

 

そんな私は学生時代、典型的な勉強嫌いでした。

 

そもそもの私は社会科目、特に世界情勢や歴史に興味があります。

今では自ら本を買って読んじゃうほど好きなのですがそれが、

「テストで一定の点数を取らないといけない」「課題を期限までに提出しないといけない」「出席しないといけない」と、

『やらなくてはならないこと』になった途端に面倒臭い気持ちが圧勝し、興味が木っ端微塵になって吹き飛んでしまうのです。

 

本来お金と時間を費やしてまで知りたいことのはずなのに、それが義務になり、あまつさえ点数を競わされ、正直興味のない部分まで強制させられてしまいますと、

『時間も確保されていて無料で学べる場』が一変して『息苦しい環境』になってしまうのです。

 

あと授業が嫌いな理由としては、あまり興味のもてない部分を長々とされ、自分の好きな部分を巻かれてしまうなど、自分の興味に合わせてできないという点も大きいですよね。

 

 

 

 

気付けばいかに私は気まぐれで天の邪鬼なのかというアピールを長々としてしまいましたが、つまりはそういうことなのです。

 

そんな私にとってKindleは本当に便利です。

図書館で借りてた時に比べて読破数が圧倒的に増えました。

ちょっとしたスキマ時間にそれこそスマホの変わりに開ける手軽さのおかげで結果読書時間が意図せず増えましたし、何冊か本をぶっこんでおけば、気分に合わせてその時読みたい本を選ぶこともできる。

しかも辞書で調べられたりマーカーを引けたりもしますしね。勉強としても便利。

 

いろいろと言いましたが、私にとってKindleの1番の魅力は、

 

お手軽に読書ができる。

 

これに尽きると思います。

 

本がかさばらないという物理的な意味でも、わざわざ読書時間を設けようとしなくても、手もち無沙汰な時間ができたらササっと開けるという精神的な意味でも。

 

というわけでこれからもジャンルを問わず、気になった本をKindleにポイポイ放り込んで、ガンガン読破していこうと思います。

 

とは言えさすがにライトノベルや漫画は媒体の方がいいですね。絵とか見にくいですし、なによりカラーの部分はカラーで見たいのです。

 

 

 

 

そもそも読書を始めたきっかけは、フリーランスを目指す為にもまずは勉強!とりあえず読書でもしとけ!と安直にもほどがあるものだったのですが、今となっては完全に趣味と化しています。

 

小説などの物語に没頭するのはなによりめっちゃ楽しいですし、勉強にもなります。

好奇心が好奇心を生むといいますか、1つの作品から興味が枝分かれしていき、さらに次の読書に繋がる感覚はとても楽しいです。好奇心おばけ歓喜

何よりストーリーにのめり込むことによるわくわくドキドキ感が最高に楽しいです。

 

知識を得るタイプの本だと知識欲と好奇心が刺激されますし、なにより「ちょっと賢くなった自分」と「勉強熱心な自分」に酔いしれるのは最高に楽しいです。

なんだかどんどん自分が賢く知的になっていくような気がして、そんな自分にご満悦です。

そしてなにより、私が知らないことがあまりにも多すぎると、少し卑屈になりかけるくらいには、その現実を突きつけてくれるのも良いところです。

 

読めば読むほど経験値が蓄積されていくような感覚。読破による達成感。

 

 

とりあえず本を読む習慣を付けるどころか、趣味にまでなってしまった。

正直期待以上の成果です。よくやった自分!

 

次はより良いインプット、なにより実践的なアウトプットが大きな壁。

つまりはこのブログですね。純粋な語彙力や文章力はもちろんのこと、よりおもしろい文が書けるようになりたいし、今のお粗末にもほどがある引き出しの数をガンガン増やしていきたいです。

 

…切実に。

 

たぶん引き出しの数云々もだけど、それを上手いこと探して引き出す能力が欠けてるような気がするんだ……

 

 

 

 

というわけで、最後に私の読書メーターのページと、それに連動してる私のツイッターをのっけて終わろうと思います。

 

フォローしてやってくれよな!

 

bookmeter.com

 

twitter.com

 

 

まだ始めたばかりなものの、海外文学と世界情勢&歴史本とライトノベルが交差するカオスな読書メーター

 

飯の話と2次ヲタ趣味の話が多くを占める、ブログ以上に深刻な偏差値不足のゆるゆる誤字まみれツイッター

 

どれも偽りのない私です。よろしくお願いします。