並川オンザロック

ついつい読んじゃうブログを目指してます。ゆるくかつロックに、そしてフリーダムに生きていきたい所存です。

あえてしてみよう生理の話!タブー云々はひとまず置いといて、ある程度の理解は必要だと思うのデス

どうも、並川です。

 

生理というものはイヤですね。女性(というか私は)からすると呪縛みたいなもんですし、男性からするとなんとなく触れちゃいけない話的な、タブー感がありますよね。

 

学校の保健の授業も、男女別れて授業をした記憶があります。

もちろん私は女なので、女子が月経だ避妊だの授業をしている間、男子の方は何をやってたのかは知りません。しかも私は男友達もいなかったので聞く事もなく、弟とそういう会話をする気にもなれません。

もし聞いても、シャイボーイな弟はおもわず逃亡しちゃうでしょう。

 

だから男性がどこまで知っているのかいないのかってのも、女性側もあんまりわからないのですよね。

 

で、女性からしても同性間はともかく、男性には話せないよねって空気があります。

 

ですが、症状は本当に人それぞれなのですが、本気で洒落にならないくらいにツラい方が多いのも現実なのです。

ツラいのに言えない、言えないからツラいまま我慢することが当たり前になっている…

世知辛ぇものです。

 

実際に、激痛のあまり意識が途切れてぶっ倒れて、救急車で運ばれたことがある友達もいます。その友人と会話をしてた時に

友「○○(鎮痛剤)なら持ってんでって言ったんよ~」

私「ん?」

友「ほら鎮痛剤、生理のやつ」

私「へーそうなんや、私飲んだことないからわからんかったわ」

友「ええっ!?女なら誰もが知ってるもんだとばかり…そうか、並川が知ってる前提のボケだったんだけど、知らなかったらそりゃその反応だわな…マジか…羨ましい……」

私「なんかごめん」

 

 

みたいなすれ違いがあるくらいには、女性間でもかなり差があるのですよね~

 

ちなみに私は、2日目(出血量が1番多い、1番重い日)だけお腹に違和感あるな~ってくらいですかね。

もっと詳細に言うと、なんか腹の中のマーボー豆腐がでズンガズンガしてるような感覚です。共感してくれ。

で、普段から軽い貧血なうえ、出血量が多めということもあり、その時期になると貧血が酷くなって立ち眩みしんどいな~ダルいな~という感じで貧血の症状が出ます。

 

これでも、まだ痛みがない分、回りの友達と比べてもわりと軽い方かな~って感じです。

 

 

 まあ差はあれど、生理というものは、付き合い方が難しいものであり、一種のハンディキャップだということです。

 

どうしても認識に差が出てしまうのはしょうがないかなとは思いますが、やっぱり私も誤解をされるとツラいものがあるな~って思っちゃうのです。

 

 

例えば、生理休暇。

これは私は取ったこともなく、まずそういう制度もなかった職場だったのですが、

私と一緒に働いてた方が明らかにフラフラで、顔色も悪く、汗をかいてたので聞いてみた所そっと申し訳なさそうに生理がツラいと言っていたので、それを一緒に聞いていた上司が「今日はすぐ早退していいよ」って言ってくれ、とてもホッとしていたことを思い出しました。

 

これは女性ばかりの環境で、上司も女性だったからすんなりといきましたが、これがもし回りが男性しかいなかった場合、その方はめちゃくちゃ困ったと思います。

 

働ける体調じゃないのに、男性に言うのは恥ずかしい。

 なにより、もし言って引かれたらどうしよう。理解されなくて変な顔されたらどうしよう。このことが他にも知れ渡ってしまったらどうしょう。どう思われるだろう…

 

そう思ってしまうのですよね。

 

 

俺は熱があっても出勤してるのに、女性が生理休暇って言って休むのは不公平なんじゃないか?って、ちょっと思ってしまう男性の気持ちも正直わかります

(つか熱が出ても休めない環境にまずクソ食らえ!って感じですけど) 

 

ぶっちゃけ私もなんせ自分が軽い方なので、回りの友達から話を聞くまで

「まあなんか重い人とか大変そうやけど、まあこんなもんやない?」

って思ってたので。 

だけど、腹痛に悩まされてる友達を見るたびに、なによりぶっ倒れた話を聞いてしまうともう「マジか!」ってなりますよね。どう語彙にすればいいかわからないですよね! 

  

なのでやっぱり「まあそういうもんやねんな」と、知識として理解していただければいいなと思います。

 

 

 

というわけで、私なりに生理とはこういうもんなんでっせ。という話をしてみました。

 

決して痛みを理解しろ!とか、もっと女性に優しくしろ!という話ではないです。ここまで読んでくださったらわかると思うのですが。

 

イマイチわからなくても、知識としてそういう物なんだなって知ってもらえたら、間違えても前に話題になった、

「震災地の避難所に届いたナプキンの支給を、男性が「不謹慎だ」「こんな非常時に…」と言って拒否した」という、

 

「これはどこからどこまで冗談なんですか!ねえ!冗談にしては笑えないですよ!」

と、ツッこまずにはいられないようなことは、なくなると思うのですよ。

 

まあこの話は例に出すにはあまりにも極端すぎなんですがね(笑)

 

 

というか「不謹慎」って…コンドーム的な、なんかエロい物と勘違いしてませんか!?

ナプキンがなかったらそれこそ血は垂れ流しです。

 

「そんなこと言うんだったらお前絶対おしっこ禁止な!」

と言い返したくもなりますが、おしっこはまだ我慢しようと思えばできますし、場所を選べます。

生理の血は勝手に流れ出るものなのです。コントロールできないんですよチクショー!

 

あと出血量は結構すごいです。ティッシュで代用とかそんな甘っちょろいものじゃありません。

私は結構出血量が多い方なんですが、そんな私がうっかり時期がずれて、生理になったことに気付かずに椅子に1時間半くらい座ってたら、パンツ→ズボン→椅子まで浸食しましたからね。椅子にトマトジュースをこぼしたような惨劇です。

平均はそれよりはまあ少ないよ。ってくらいの話です。

まあここまで酷いのは私の場合、1,2日目くらいなんですけどね。それからも完全に血が止まるまでは6日くらい続きます。

 

まあ正直、保健の授業でも本当にチョロっとしかしないせいってのもありますよね~

 

世間全体でちゃんとした知識、理解が少しでも浸透してくれたらいいな~と願っております。

 

 

女性側も、理解してくれ!って言いながらも、いざ話題にするのはタブーみたいな空気がありますからね~気持ちはわかりますが、理解を求めるのであれば、こちらも説明をしないとできないものだと思うのですよ。

女性自身が「恥ずかしい物、隠すべきもの、我慢するもの」って思っていることも、それを増長させてしまう理由だと思うのですよ。

 

あとしんどいもんはしんどい!タブーとか正直めんどくせえ!

なんでおしっこうんこはOKで、生理はタブーなのか。

 

「ちょっとお手洗い行ってきます」の感覚で、

「ちょっと生理まずいんでトイレ頻繁に往復しますが減給しないでくださいね」

 

で通用する世の中になってほしいものです。

 

 

 

こちらからは以上です!

 

 

 

あ、そういえばPMSって知ってますか?ちなみに私はガチで最近まで知りませんでした。

PMSというのは、生理が始まる前の症状のことを言います。なんかダルいらしいです。

女の私ですら知らなかったのですから、男性が知らなくても無理はない話だと思いますが、実際それも友達に言うと

友達「えっ!?(こいつマジか)」

 

みたいなことがあったので、そういうツラさもあるんだなと、覚えておくことにしました。

 

 

完!

 

あとブログの外観変えてみたよ!イェイ!

ちょっとオンザロックっぽくなったような気がしますが、これからもゆるくやっていきたいと思います。