並川オンザロック

ついつい読んじゃうブログを目指してます。ゆるくかつロックに、そしてフリーダムに生きていきたい所存です。

はじめまして。並川オンザロック始動します。まずは予防線を張ります。

 

はじめまして並川(なみかわ)です。本名ではないです。

 

特技は口笛とドッスンの顔真似です。

 

短所は面接で言えるような特技がないことです。

 

 

f:id:namikiwa815:20170521175003j:plain

 

 

ドッスンの顔真似は私のえらの張った頬を生かし、女を捨てすぎて笑い通り越してドン引きされかねないクオリティの顔芸です。

なにより自分へのダメージが尋常じゃないので、友達誰一人にも披露したことがないので私の評価です。

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 記念すべき1記事目は、私の記事のクオリティに関しての予防線張りです。

 

 

予防線張るからには、やっぱり最初が1番効果的ですからね。

 

後になればなるほど「慣れてないから…」の言い訳が通じなくなるこの世の中、

高校生の頃の初めての飲食系のバイトの思い出が蘇り、少しブルーな気持ちになりました。

 

 

という訳でさっそく予防線を張っておきますが、

フワっと言うと、語彙力文章力知性社会適応能力コミュ力自己管理能力その他もろもろに自信が無いから、これからがんばるぞって感じです。

 

特にコミュ力と社会適応能力に関しましてはもはや絶望的でして、社会人生活しんどすぎてゲボ吐きそうなので、言葉の代わりにブログで、文字で自分なりのゲボを表現できたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

 

……ブログのタイトルつけた当初は『記事に関しての』予防線を張るつもりだったのですが、気づいたらリア友オンリーのツイッターのアカウントに定期的に呟くクソみたいな弱音が出てしまいました。

 

たぶんこれから先、ブログを続ける限りもう見る側もうんざりするほど私のコミュ障自虐自慢記事が上がる思いますので、せめて今回はこの手の話題にノータッチでいきたいと思います。

 

 

ちなみにタイピングしてから、「ほんまに自己管理能力って単語あったんか?」とググってみたところ、ありました。そしてなんか資格もあるそうです。

 

ちょっと気になって見てみた所、

 

目標設定能力、遂行能力、持続力、集中力

 

の4つの要素を見るようです、自己管理能力資格。

思わず息が苦しくなるような単語の羅列ですよね。

 

 

ちなみにぐーぐる検索結果、自己管理能力資格に関しての記事は1つだけであり、他は健康管理能力検定の内容しかなかったのでかなりマイナーな資格だということが発覚しました。

 

まあ、確かに試験でどうやって自己管理能力を計るのか、謎ですよね。

脳みそでわかっててもできないのが自己管理というもの。

 

履歴書の資格欄に載ってたとしても、それで

 

 「あっこの人は自己管理ができるらしいから我が社で採用しよう!」

 となるかは微妙ですよね。世知辛い世の中です。

 

 

 

で、話が脱線しすぎましたが、そう、記事への予防線の話、

 

違和感や間違いに気づいたらそっと教えて下さるか、無視していただけると幸いです。

 

 

 

 

ここまで予防線を張るからには、それ相応の理由があるというわけで、

思いついた限りの過去のミスを晒しておこうと思います。

 

国語力のちょっとしたアレさの例としては、

 

 

◎2年前くらいまで『何気』を『なりげ』だとガチ勘違い

 

 

ずっっっっっっと特にツイッターで

 

「それなりげにコンソメ効いてて美味しいよね~」

 

みたいな使い方してました。

普通に話す時も『なりげ』と発音してました。

 

これが2年前の21歳まで発覚しなかった原因としましては、

私が『なりげ』と発音しても、相手には『何気(なにげ)』って聞こえちゃうんですよね。

なので言い間違いも、聞き間違いもお互いに気付かない優しい世界。

 

なので、気付いたのは私のリア友アカウントをフォローしてる友人でした。

しかも個人的にわりと頻繁に使う、プチ口癖みたいなとこがあったので、

指摘してくれた友達曰く

 

「並川語録的な、あえてそう言ってんのかと思ってたんだけど、なんとなく聞いてみたら並川がガチで勘違いしてたからビビった」

 

らしいです。

 

確かにその当時、『なんとなく響きが可愛い』という理由で、

 

「ワンワン」や「ガランガラン」の感じで

 

「炊き炊き」「揚げ揚げ」と表記するマイブームが来てました。

 

 

「夜食やめられない…ラーメン炊き炊きしてる…助けて」

「串カツ揚げ揚げしにいこうぜ!」

「安眠効果あるかなーって思ってアロマオイル焚き焚きしてんの」

 

みたいな感じです。実際に私が言ったかツイッターで呟いたかしたやつです。

 

 

『なんか頭悪そう…』って気付いたのでやめたんですが、

普段から頭悪い日本語の使い方をしていたせいですれ違い、ガチ勘違いに気付けなかった悲しい例です。

 

もしもこれからそういう「無駄繰り返し用語」が流行ったとしたら、先駆け人は私ですので、そこんとこよろしくおねがいします。

 

 

◎生徒に「むぎってどう書くんやっけ」と聞かれ、塾長に聞く。

 

塾でバイトをしてた友達に

 

友「今教師募集してるんやけど並川ちゃんやってみいひん?」

私「えっ私大学生ちゃうけどええんかな?そういうのって大体大学生やん」

友「ええんちゃう?」

 

と言われたので、塾に突撃してみたらマジで受かってしまい、夜に2週間ほど臨時で教師のバイトをやったのですが

 

「ほんと社会しか自信ないんで!あと数学なら中学までだったらまだ…」

 

と言ったにも関わらず、容赦なく国語の生徒をぶちこまれた結果がこのザマ。

 

一応入る前に小中学校レベルの問題の試験があったのでやってみた結果、

英語がマジで自分でも呆然とするレベルの酷さでした。

 

麦の件といい、

これには塾長も苦笑い。

 

そういえば私の『いつか成したいリスト』一つに

『英語ぺらぺらになって旅行して外国人の友達を作る』があるのですが

道のりの険しさを今ひしひしと感じております。

 

 

最近では新しい職場で

『蛍光ペン』を『党光ペン』とマジックペンでデカデカと誤字ったり

このように絶望的に漢字の『書き』ができないですが、

 

「私はデジタル派なのでアナログで漢字が書けなくても生きていける」

 

と思い、強く生きていこうと思いました。

 

 

 

 

おしまし。